つながる日記

746

停電時、ビジネスフォンの主装置電源が瞬断されてしまいます。
それにより、稀に故障したり設定データが消えてしまうことがあります。
αGX、αNX、αNXⅡ、αA1は設定データがファイルとして保存出来ます。
そして、それらデータを主装置へアップロードすることで
データを復元できます。

つながるショップでは、出荷前に設定データを保存しておりますので
万が一、主装置が初期化されてしまった場合でも
データを復元することが可能です。

普段、当たり前に使えていますが
突然使えなくなると、慌ててしまいますよね。
つながるショップでビジネスフォンをお買い上げ頂いているお客様は
弊社へご連絡頂ければ復旧可能です。

ビジネスフォンで使うモジュラーケーブルは
メーカーや型式によって異なりますが、
ほとんどが2芯か4芯どちらかになります。

NTTのαNXⅡ、αNX、αA1は2芯になります。
(厳密にいうと、バス型は4芯ですがバス型は販売していないので
例外と致します)

量販店やAmazonで買える普通のもので大丈夫です。
かつては、100円ショップのダイソーでも売っていましたが
需要減のためか今ではありません。

ビジネスフォンが初めての方ですと、
電話機に電源が不要であることが驚かれますが、
ビジネスホンはモジュラーケーブルで主装置から電気をもらいますので
電源コードはありません。
よく考えてみると便利ですね。

専門的な話になりますが、NTTビジネスフォンは
L1、L2を使います。
(NECなどはL3、L4)
つながるショップでは中古を全面に出しております。
もし、中古が壊れやすくて、汚いものであったら
とてもこんなに自信を持って売ることは出来ません。

もちろん、中古でも丈夫なので
新品はもっと丈夫です。
ですが、その価格差はかなりのものがあります。

いいとこ取りの、電話機だけ新品
というものもご提供しております。

αNX、αNXⅡとαA1はだいぶ異なります。
主装置の形や大きさはもちろんですが、
システム設定(業者が行う設定)が全然違います。

使い勝手はそこまで変わらないと思います。

αA1の大きな特徴としては、
IP電話機と通常のスター電話機
どちらでも対応可能ということです。
それ故でしょうか、主装置がパソコン・サーバー
みたいな感じで、雑に扱うと壊れそう…
そんな印象がございます。

ですので、普通に使う分には
αNX、αNXⅡで良いかと思います。
どうしてもIP電話機が良い、新しい方が良い
という場合は、αA1という選択になってくるかと存じます。

受話器と電話機自体をつなぐカールコード。
使っているうちに捻じれたり、汚れたりしますので、
ある程度使ったら交換が必要になります。

カールコード、実は何でも良いというわけにはいきません。
ストレートとクロスというのがございまして、
ビジネスフォンのメーカーによって違います。

NTTビジネスフォンをご利用の場合は、
量販店で売っているものを使ってもNGでございます。
使えるは使えますが、音がすごーく聞きづらくなります。

ホームページに掲載はありませんが、
弊社でも販売可能ですので
お気軽にお問い合わせくださいませ。
ビジネスフォンというと、会社にいないと電話に出れない
と考えてしまうかもしれませんが、そんなことはございません。

シンプルにNTTのボイスワープを使う方法もありますし、
ビジネスホンの転送機能を使って、
複数の携帯電話へ一斉転送することも出来ます。

今回の様に、月曜日の朝は通勤出来ない可能性がある場合には、
金曜の帰り際に転送をセットしておくと、
安心ですね。

αGX→αNX→αNXⅡと機種が新しくなるにつれ、
カタログ等には書かれていませんが
細かいところで改良されています。

例えば、
・外線ボタンに割当出来る数が増えた
・内線代表が設定出来る
・電話機ディスプレイの全面が簡単に外せる
などなど

非常に地味ではありますが、
実は業者サイドから見ますと、
おぉ!ありがたい!
という改良なのです。
つまり、そういったニーズが満たされ様になったのです。

もちろん以前から使えている機能は継承していますので
新しい機種=更に使いやすい機種
でございます。

CTIを希望されるお客様、少なからずいらっしゃいます。
今までは割と高額な純正システムを紹介するしか
ありませんでしたが、
最近では手軽なものも出てきております。

ご希望のお客様はぜひご相談くださいませ。
実験を兼ねて自社の電話環境を色々と変えておりましたが、
現在はビジネスホンに落ち着いております。

スマホでやってみたり、SIP電話機使ってみたり、
パソコンでやってみたり、様々な試みをしましたが、
ビジネスフォンが一番使いやすいです。

受話器取って、すぐに話せるし
通話品質も良いし、言う事ありません。


落雷でビジネスホンが故障することがあります。
この時期急に雨が降り出し、雷が落ちることもありますので
雷ガードなどで対策をしておくと良いかもしれません。

あと、冬場に多いのが静電気による故障や誤作動。
暖房を使うので、空気が乾燥し、静電気が発生しやすくなります。
それが主装置に悪影響を及ぼすことがあります。
対策としては、加湿器を置いて加湿することです。
人間と同じですね。


この機能、意外と知らない方もいらっしゃるかもしれません。

掛かってきた電話をビジネスホンで受けます。
外にいるAさんの携帯へ回したい。
そんな時は、外線・外線転送です。

これを有効に活用して頂くと、
働き方をちょっとだけ改革出来る、と思います。

ビジネスホンを入替える際のポイントとしては、
・回線の差し替え
・端末配線の差し替え
になります。


回線の差し替えは、昨今ひかり電話オフィスタイプ、ひかり電話オフィスAが
多いのでLANケーブルを差し替えるだけです。
とても楽であります。

端末配線の差し替え、つまり電話機やFAXの配線差し替えです。
これもNTTのビジネスホン→NTTのビジネスホンであれば
とてもスムーズに出来ます。
※古い機種、レカムなどをご利用の場合はスムーズにいきません。。


入替も実はお客様で出来てしまうので、
ぜひご相談くださいませ。

αNXⅡ、αNX共に着信拒否が可能です。
非通知の拒否も可能です。

αNXⅡで便利なのが、ワンタッチで着信拒否に登録が出来ることです。
一度掛かってきて、次はこの番号は拒否したい
という時は、ワンタッチで可能です。

昨今は何かと営業の電話が多いですが、
これで解決ですね。

ビジネスフォンにおける、携帯などへの転送機能。
αGXから標準装備されていますが、
私が思っているよりも、わりと便利です。

ボイスワープで転送している、というのはよくございますが
転送できるのは携帯なら携帯の1台だけになります。

これを複数の携帯に転送したい、という場合は
αNXⅡ、αNXをご利用頂ければ可能です。

昨今ではクラウドPBX等もございますが、
実は通常のビジネスフォンで事足りる場合が多いかと考えております。

しかも、
携帯からビジネスフォン経由で発信も出来るのです。

そうなのです、意外と使えるのです!
役に立つのであります。
よく映画なんか見てますと、社長室みたいなところで
スピーカー通話してる場面を見ますが、
あれはもちろんビジネスホンでも可能です。

周りの迷惑にならなければ、とっても便利です。

また、
固定電話を一斉に内線で呼ぶ、なんてことも出来ます。

例えば、
田中さんに内線したいけど、どこにいるか分からないから
内線で一斉に呼んで
「田中さ~ん、いたら出てくださーい」
なんてことも可能です。

弊社でビジネスフォンをお買い上げ頂くお客様の中で
多いのがIT企業のお客様です。

今では誰もが知っている某SNSサービスの会社が
日本に入ってきた最初のころ、お買い上げ頂いたり、
現在は一部上場した会社のスタートアップの頃、お買い上げ頂いたり
と、何かとIT企業様にご利用頂くことが多いです。

弊社でビジネスホンを買うと、その後成長する!?
なんていう噂が広まればありがたいですが笑。
働き方改革、と言いましても色々な要素があるわけですが、
「定時にしっかりと帰る」という観点で申し上げますと、
定時を過ぎたら、電話が鳴らないというのが大事であります。
つまり、留守番電話です。

以前、というか昔は
留守番電話=休みの最中もお客様からの注文が入ることがあるので
それを取り逃さない、という意味合いが強かったのですが、
現在では、
定時以降は、電話取れませんよ、
という意味合いで使うことが多いです。

ですので、
応答専用(定時以降はガイダンスを流すだけ)での利用が多いです。

現在使用中のビジネスホンから新しいビジネスホンへ入れ替える時、
既存の配線を使える場合は、使います。

つながるショップでは工事不要型にて提供しておりますが、
既存のビジネスホン→新しくαNX、αNXⅡ、αA1へ入れ替える場合も
対応が可能です。

現在NTTの
・αRX
・αRXⅡ
・αGX
を使っているお客様は既存の配線をそのまま流用出来ます。

入替方法は具体的にご案内しておりますので、
お気軽にご相談くださいませ。
昨今、スマートホンを使ったクラウドPBXが出てきておりますが、
(弊社ではスマホンとしてご提供しております)
ビジネスホンとの大きな違いは何でしょうか。

それは、
ビジネスホン→外線ボタンが使える
スマートホン→外線ボタンが使えない
であります。

ビジネスホンは、外線を取って保留し、ほかの電話機へ回す、
ということがいとも簡単に出来ますが、
スマートホンですと、外線を取ってから、他へ回すのが一苦労であります。

そもそも仕組み自体が違うのです。
スマートホン利用の場合は、
主装置に外線ボタンの無い単体電話機をつないでいる、
のと同じ様な状態です。

ですので、スマートホンを使えば今持っているスマホを使うから
端末代が掛からない、という理由でクラウドPBXを検討すると
そう上手くはいかないのであります。

ビジネスホンとクラウドPBXは別物、
という風に考えて頂けると良いかと思います。
会社でビジネスフォンを使っていると、
電話が会社内の電話でしか取れないから
とてもじゃないけど在宅勤務は出来ない。
と思われている方も多いかと存じます。

ところが、そんなことはございません。
方法はございます。
電話を取るのが自分一人
→ボイスワープでも良いのです。

複数ch、複数人で取りたい
→αNXやαNXⅡの転送機能で複数の携帯へ転送も出来ます。

弊社でいえば、スマフォンを利用して
完全にスマートホンにて会社の電話を発着信する、
ことも可能です。

もしくは、
αNX、αNXⅡのIP電話機を利用し、
自宅にも内線電話機を置いて、ダイレクトに発着信する
(会社と自宅でVPNが必要です)
ことも可能です。


実は色々な方法があるので、
在宅勤務・テレワークをやりたいけど、
どうすればいいか分からないという方は
ぜひご相談くださいませ!